東京には24時間のマッサージがあるので夜間も利用可能!

私は基本的には早朝に起きて早く眠るという健康的な生活を送っているのですが、同僚や大学時代の友人と飲みに行くときには、終電を逃してしまうことも少なくありません。眠気もあるのですが、気の合う仲間と飲んでいる方が楽しいので、休日前には朝方まで起きていることも少なくありません。

東京で終電を逃したら時間をつぶす

終電がなくなったら、当然朝まで家に帰ることができません。もちろんタクシーを利用すれば帰宅は可能ですが、東京で1時間もタクシーに乗るとかなりの額になってしまいます。そんなにお金を使う気にもなれないので、友達とそのまま朝まで飲み続けたりすることもあります。

しかし、時には疲れてこれ以上無理だ、ということもあります。そんなときには、ファミレスや夜間も営業しているカフェなどに行って朝まで時間をつぶすこともあります。東京には漫画喫茶も多く、漫画喫茶を利用するという方法もあるのですが、一度寝てしまうと昼過ぎまで寝てしまうかもしれないのでなかなか利用できません。

夜間のマッサージはおすすめ

どうしても眠くて睡眠が必要だとなった場合には、夜間でも開いている24時間のマッサージを利用することもあります。本当は、酔っぱらった状態でマッサージを利用するのはあまりよくないのではないかと思いますが、ほろ酔い気分で受ける施術はかなり気持ちがいいです。

夜間のマッサージも時間は決まっていますので、仮に施術中に寝てしまっても時間が来たら必ず起こしてくれます。漫画喫茶のようにいつまでもだらだら寝続けるということがないので、少し仮眠を取って朝まで過ごす際に便利なのです。

酔った状態でのマッサージ

なぜ酔っぱらった状態で施術を受けるのがダメなのでしょうか?マッサージを利用すると、身体がリラックスして血行が良くなります。しかし、アルコールを飲んでいると身体の中のアルコールも血液に乗って全身に回ることになります。つまり、酔っぱらいやすくなるのです。

本来はしっかりと水分を摂取して施術に挑むのがいいのですが、逆に飲酒後は体内の水分が減少してしまいますので、こちらもあまりよくありません。良くないことはわかっているのですが、やっぱり気持ちがいいので私はやめられないのです。